BOOKS


 

<スタートにあたって>

title_books読書はお好きですか?
わたしは寝ながら読む読書が大好きです。
一日の終わりに一番ゆったりとした気持ちで本を読むことは、今のわたしにとって至福の喜びです。

でも、最近は10分もすると眠気に襲われ、後はご想像通りの有様です。手元から転げ落ちた我が蔵書は無残なまでにページが折れ曲がり悲惨な状態になってしまったことも。

わたし自身、本の中身いわゆるコンテンツの魅力以外に、本の装丁にも大変興味を持っているので、そんな時は大変ショックです。

ところで、電子書籍が一般に普及し始めてから、かなりの年月が経ち、紙ベースの従来本と電子書籍との優劣を云々することが無意味でバカらしいと受け取られる時代になってしまいました。わたしとしては両者がうまく共存できればと思っていますが、心情的には紙ベース派です。
電子書籍の優れた点も認めざるを得ないので、自身の立ち位置としては中立の立場です。

要は、この問題は利用者がうまく使い分ければ良いことで、両者がサバイバル競争をする必要はまったくないと思っています。

今後のなかでどうなるか分かりませんが、正直なところ、わたし自身は今のところ電子書籍を利用する意向はありません。そのため、現状このコーナーは紙ベースの書籍が主体になることを前もってお伝えしておきます。

 

 

Viva! the Arts