コンサートに於けるアンコールの在り方





さすが、NHK交響楽団
指揮者、トゥガン・ソヒエフの今後に注目!

最近のコンサートを観ていて、とても気になることがひとつある。
それは、アンコール演奏の在り方である。昨今のコンサートではアンコール演奏はプログラムの一部と化していて、あって当然という意識が演奏者、観客の両方にあるところが問題のように思える。最近は違和感さえ覚えるようになってきた。
本来のプログラムが終わるや否や、ブラボーの掛け声とともに万来の拍手が起こり、指揮者やソリストの数回にわたる出入りと挨拶が繰り返される。
その後アンコール曲が披露されるというお決まりのパターンが、概ねどのコンサートでもルーチン業務のように行われているのが現状であろう。

そもそもコンサートに於けるアンコールという風習が始まったのが何時なのか、
どうして行われるようになったのかなど、そんなことを改めて調べたこともないが、
要は演奏者のサービス精神からきているのは確かであろう。
その意味では、当初はとても純粋な心遣いだったに違いない。

1、2曲余計に聴けるのだから誰しも得したと考えるのは尤もなことであろうが、ここでへそ曲がりなわたしとしては納得いかないところがでてくるのである。

それは、演奏家が予定の曲目を手応えある形で演奏できていれば、その日コンサートホールに足を運んでくれた聴衆に対して十分サービスしたことになるし、それで十分だと個人的には思うからだ。
しかし、最近の現状はアンコールがあることが前提という考え方がこの業界にウィルスのごとく蔓延しているように思える。
形式的に数曲披露されるのは、わたしとしては不自然な儀式をみているようで、とても滑稽に感じてしまうことがしばしばである。

いくつかのコンサートを聴きに行くと、そのときの雰囲気というものを感じ取れるのではないだろうか。あのフィナーレに近い段階での言葉では言い表せない場の雰囲気を(以前流行ったKYそのもの)。

聴衆の立場からすると、惹き込まれるような演奏を聴けたとき。
演奏家にとっては、十分に納得いく演奏が果たせたとき。
よくいう演奏者と聴衆が一体になった時というのがこうした状況といえるのでしょうが。
そんなとき、会場は自然発生的にアンコールを求めるもので、それは演奏家、聴衆両者が気持ちの上で同期状態になったからこそ起こり得る現象の筈だ。
(はじめからレールが引かれていては興ざめしてしまうが)
だが、そうしたすばらしい演奏会にはめったにお目にかかれないのが現実というもの。

ところが、先日そうした数少ない貴重な演奏会に巡り会えたので紹介したいと思う。
でも、そこでは不思議なことに(後々考えると不思議ではないのだが・・・)アンコールは当然の盛り上がりがあったにも拘らず、アンコールは行われなかったのである。

去る2016年1月23日(土)
場所はみなとみらいホール。
NHK交響楽団の2016横浜定期演奏会でのことである。

2016NHK交響楽団
NHK交響楽団

プログラム内容はパンフレットの通りだが、この日の注目はプログラム最後の「白鳥の湖」だった。
ルーカス・ゲニューシャスのピアノによるラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」もゆったりと堂々とした演奏で、作曲家ラフマニノフの曲調を十分に表現した名演だったが、それにも増してすばらしかったのがチャイコフスキーの「白鳥の湖」抜粋だった。

正直なところ、「白鳥の湖」のようなバレエ組曲をコンサート会場で(自宅のオーディオでも)聴くことは最近ではほとんどなくご無沙汰だったが、じっくりと聴いてみると、改めてメロディーメーカーとしてのチャイコフスキーの偉大さとクラシック音楽の原点を再認識させられた思いだった。

ややもするとポピュラーすぎて軽く聞き流されがちなこの曲を、この日のN響は全力で演奏していた。その迫力はフィナーレで最高潮に達し、指揮者のトゥガン・ソヒエフも最高のパフォーマンスを発揮、演奏終了時、満足な表情を浮かべたものの、身体はフラフラ状態だったように見受けられた。
そんな演奏に対し、もちろん会場は拍手喝采状態。

いつまでもアンコールを求める拍手が鳴り止まなかったが、指揮者のトゥンガ・ソヒエフはアンコールに応じることはなかった。
コンサートマスターの篠崎氏もトゥンガ氏に声をかけ、アンコールを促している様子だったがそれでも応じることはなかった。

一見、このときにとった彼の行為は、素っ気なく観客に対して失礼な対応のように感じられたかもしれないが、わたしとしては寧ろ勇気ある行動に思えた。
表情豊かで、動きの激しい彼の指揮ぶりでは、演奏後疲れ果ててしまったのも尤もで、さらにこの日の演奏は気合が入っていただけに、限界だったに違いない。アンコールがなかったのは無理もないことで納得できた。
その証拠に聴衆の中に落胆の表情は全く見受けられず、満足顔の人たちが目立っていたからだ。

逆に、あのとき不本意なアンコールを行っていたら、それまでの「白鳥の湖」の熱演もアンコール曲共々台無しになっていたかも知れない。
指揮者のトゥンガ氏は自身の体力とともに、そうした雰囲気を十分に察知していたのだと思う。「あれで良かったのだ。」と思えるのはわたしひとりではないた筈。そう信じたい。
昨今のコンサートに於けるアンコールの在り方に、少なからず疑問を抱いているわたしとしては、彼の勇気ある行動にエールを送りたい気分だった。
将来、期待でき、応援したくなるマエストロのひとりである。

NHK2016パンフ演奏家紹介
NHK2016パンフ演奏家紹介

演奏者と聴衆。一期一会の出会いの中で繰り広げられる演奏。その演奏がすばらしければすばらしいだけ聴衆は惜しみない喝采を演奏家に送り、褒め称えるのは自然なことだ。
でも、「必ずしもそうした拍手喝采が、アンコールを求めるだけのものではない」と言うことをこの日のコンサートはわたしたちに教えてくれたように思う。

要するに、アンコールをするかしないかは、その場の状況やその時の成り行きなどで、瞬間的に判断されるものであってほしいと思うのだ。
自宅でのCD鑑賞とコンサート会場での生演奏との決定的な違いは臨場感など音に関係する違いであることは勿論だが、こうした会場でのワクワク感、緊張感も大きな違いだと思うのだが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です